About

いつのまにか引越回数十数回となってしまった自分の経験を元に引越のノウハウやアドバイスなんかを書いてみました
参考になれば幸いです

MENU

引越大好き

自己紹介

引越が決まったら

まず最初に

新居の下見

引越日の決定

各種手続き

引越業者の選び方

どう引越す?

引越の見積もり

梱包

引越

引越当日

旧居について

引越の後

おまけ

物件選び

不用品の処分

おまけ

不用品の処分

引越は不用品の処分にはもってこいの機会です。 引越で余分な荷物を運ぶのも馬鹿らしいので、引越前に処分しましょう。

大きなものは粗大ゴミとなりますが、最近は粗大ゴミ出すのにもお金かかります。 なんとか安くしたいものですよね。

そこで、リサイクルショップがあります。 が、自分の経験では金額は過度な期待は禁物です。 無料出張見積もりをしてくれるところが多いので、試しに頼んでみましょう。 恐ろしく足元を見られた値段になりますし、引き取ってくれないものも多いです。 引き取るのにお金を取るとまで言われたこともあります。

例えば、こういうプラスチックの衣装ケースありますよね。 買うと数百円くらいのやつ。 あれ、不用品で引き取ってもらおうとしたら、1200円かかりますとか言われたこともあります。燃えないゴミか粗大ごみかで出すほうが安いですね。

こういう場合引越がせまってると仕方ないって思ってしまうことになりがちなので、 処分は早めにするのが絶対にお勧めです。

また、本やCDについてもBOOKOFF等もありますが、ここも結構渋いです。 特にありきたりの本では特に。 まぁ無料よりましかって位のゴミ捨て感覚でならがっかりしないかも。

時間があれば、フリマ、オークションやAMAZON等で売ることもできますから、 普段からの処分する気持ちと、時間が大事ということになります。 特に希少なものは思わぬ値がついたりしますので、早めの処分がオススメです。

私も頻繁にヤフオクとか利用してますが、捨てようかと思ってたものが数千円とかついたりしてビックリすることも多いです。

また、ブランド物等の価値のあるものは買い取り店やオークション等時間があれば一番高いところを利用することもできますので、大事なのは兎にも角にも時間ですね。

そこで、処分しきれないものは粗大ゴミということになります。 粗大ゴミは自治体にもよりますが、日時が決まってたりしますので、きっちりと調べておきましょう。 また、自治体の指定場所に自ら持って行くと無料だったりしますので、そういう情報も調べておくのも大事です。

また、意外と良かったのが、そこらへんを流している不用品引き取り業者です。 あまり良いうわさを聞かなかったのですが、利用してみたところ意外と良かったです。 リサイクル屋が引き取ってくれないような古い家電やら、ぼろい本棚等々 粗大ゴミを全部持ってってくれました。もちろん無料です。

どういう仕組みか良くわからないのですし、怪しい部分もあるのでなんともいえませんが、 そういう方法もあるってことだけ参考にどうぞ。


→ TOP