About

いつのまにか引越回数十数回となってしまった自分の経験を元に引越のノウハウやアドバイスなんかを書いてみました
参考になれば幸いです

MENU

引越大好き

自己紹介

引越が決まったら

まず最初に

新居の下見

引越日の決定

各種手続き

引越業者の選び方

どう引越す?

引越の見積もり

梱包

引越

引越当日

旧居について

引越の後

おまけ

物件選び

不用品の処分

引越業者の選び方

どう引越す?

転勤で会社がお金出してくれるとかお金に糸目をつけないのであれば有名どころに楽々パックででも頼んでおけば良いでしょう。

ここではなるべく安く(ちょっとは手軽に)引越したいという方を対象としてます。

荷物の多さにもよりますが、引越業者を使わずに、自家用車やレンタカーで引越すという人もいるかもしれません。 自分も自家用車で運んだことはあります。 しかし、レンタカー代やガソリン代がかかったり、費やす時間を考えるとお得とは言い難いです。 レンタカーのトラック借りて自分で運転して、友達や後輩を手伝いに呼ぶ。で、お礼にスペシャルなご飯おごる。 よく聞く方法ですし、自分もやったことがあります。 でも結構お金かかります。 何よりみんな素人なので、大物を運ぶのが大変だったりします。 なので、お勧めはできないです。

コンパクトになるこっちの方がお勧めです 価格重視ならこういうタイプ ちなみに、自分で運んだりするのにはこういう台車があるととっても便利です。

こんな軽トラでやってきます 近距離で荷物が少ない人は赤帽がお勧めです。 某宅配便業者がやってるような単身パックは荷物があんまり入らないし、その割には高いです。 まぁその代わり自分で運ぶ手伝い等はしなくてはいけなかったりしますけどね。 でも片道30キロ程度であれば1台分で1万円程度でできたりします。 軽トラ1台分って結構入ります。

もう少し荷物が多い人は赤帽2台にするという技もあります。 この場合2名の赤帽さんがいることになるので、自分は運ぶのを手伝わなくて良かったりしますので、 コストパフォーマンスはすごく良いです。 その代わり荷物の養生はちゃちかったりするので大事な家具がある!なんて人はこのやり方はしない方が無難かもしれません。

それを超えると普通の引越業者に頼むことになります。 何度か引越をしてると自分の荷物が何トン車に入るのかがわかるようになります。 私の場合独身でも家族もちでもそうかわらず2トンロング車にほぼ満タンって感じです。 ここで2トン車じゃダメで2トンロングってのが重要です。サイズが違いますからね。 これがわかってるのであれば、お勧めの見積もり方法があります。 「2トンロングに積めるだけ」 自分の経験上、これが一番安く済みます。 そのかわり見積もりが甘ければ積み残しが出る可能性がありますけどね。 軽いものを後に積むとかしてもらって、万が一積み残しが出た場合には自分の車で運ぶとか赤帽を使うとかという方法でもトータルではそう高くはならないと思います。

これが普通の見積もりだと、今の間取りと家族の人数で値段が勝手に決まっちゃったりします。

実際に、独身の頃2DKに住んでたことがありますが、その前の1ルームからの引越から荷物の量が変わってないのに、2DKというだけで値段見積もりが跳ね上がった経験がありますから、間取りの割りに荷物が少ない人や荷物の量を把握している人はこの方法が絶対にお勧めです。

また、私が最近行ったのは、2度引越です。 1度目に赤帽でプチ引越をしておいて、引越業者で2度目を行うという方法です。 荷物が多い人にお勧めですが、部屋が狭いと引越準備で部屋の中がダンボールだらけになります。 これでは引越準備が全然はかどりません。特に私の場合本とか普段使わない荷物が多いので余計邪魔になります。 なので、普段の生活で使ってないもの、あらかじめ梱包できたものを「赤帽1台積めるだけ」ってことで1週間前くらいにでも引越しておきます。 すると部屋も広くなりその後の梱包作業がとても楽になります。 1度の引越よりは若干割高にはなりますが、手間としてはとても楽になりますので、近距離で旧居が狭い人であればお勧めです。


→ 引越の見積もり